ニットを長持ちさせるお手入れ方法って? 〜私がコットンニットを愛する理由〜

寒い時期のトップスの主役はやっぱり「ニット」!
かわいくて暖かいニットは大好きですが、お手入れがしにくいところがちょっと不便なところですね。

そんなわけで、今日はニットのお手入れ方法や、素材についてご紹介いたします。

毛玉ができにくい素材って?

もりのがっこうでは、天然素材の中でもコットン100%にこだわってニットをお仕立てしています
もりのがっこうでは、天然素材の中でもコットン100%にこだわってニットをお仕立てしています

もりのがっこうでは、「私が心地いいもの」というコンセプトで、作り手目線よりも、使い手の目線で物作りをしています。

私はニットの中でも「天然素材100%」が好きです。
ニットでよく使われる天然素材は、ウール(羊毛から作られた繊維)と、コットン(綿花から作られた繊維)。

ウール100%も好きなのですが、私が一番好きなのは、なんといってもコットン100%!

コットン100%のニットのいいところ

  • 着心地が快適
  • 通気性がよく、快適な温度を保ってくれる
    (冬でも結構汗をかくのです!)
  • 手洗いができる
  • ピリング(毛玉)ができにくい
  • ピリング(毛玉)ができても、味・風合いになり、長持ちしやすい

こんなにメリットがたくさん!

よく見ると、コットンのニットの糸の太さにはムラがあります。これが、着るたびにでてくる味にもつながります。

また、コットンのニットをよく見ると、柔らかく、糸の太さにも多少のムラがあります。
これが味・風合いにつながるのだと思います。

例えば、機械で印刷された絵より、鉛筆書きの絵の方が、味があり心に染み渡る場合もあります。
そんなほっこりとした気分をくれるのが、コットンのニットではないかなと思います。

コットン100%のニットの着心地は最高。適度な通気性と保湿性、脱ぎたくなくなるニット
コットン100%のニットの着心地は最高。適度な通気性と保湿性、脱ぎたくなくなるニットです。

また、ほっこりとした気分をくれるのは見た目だけではなく、着心地です。
自然に近い素材だから、肌にも近いのだと思います。
適度な通気性と保湿性
ずっと着ていても違和感がなく、なんならそのまま寝れるっ!というくらいの着心地の良さはコットンならでは。

また、ウールよりコットンが好きといった理由は、お手入れのしやすさにあります。
ニットはお洗濯したときに縮みがどうしても出てしまうですが、ウールに比べてコットンは縮みが少ないです。
その分、コットンのほうがお手入れが楽ではあります。

天然素材と化学繊維の違い

天然素材と化学繊維との違いはいろいろありますが、特徴的なことにピリング(毛玉)のつきやすにあります。
(ナイロン100%はピリング(毛玉)ができにくい素材ではありますが、ひんやり感や汗の吸いにくさもあり、日常的に使うならやはりコットンをおすすめしたいです)

繊維同士がガッチリとキャッチしあうイメージです。

繊維の中でも特にアクリルは、ガッチリ絡みやすく、するりと抜けていかないため、毛玉になりやすいのです。

化学繊維は、どうしてもピリング(毛玉)がつきやすいです。
化学繊維は、どうしてもピリング(毛玉)がつきやすいです。

この写真はアクリルのニットですが、数回洗っただけなのに繊維にポツポツとピリング(毛玉)が出来てしまいました。

見た目がよろしくなく、服としての消費期限が短いという残念な結果にもなります。

コットンやウールも、ピリング(毛玉)はゼロではないですが、ガッチリとした毛玉ではなく、「味」となり気にならないわけです。

毛玉(ピリング)ができにくく、長持ちさせるには?
ニットのお手入れ方法

さて、ここからはニットのお手入れ方法を紹介します。

ニットをお洗濯するときは、縮みもそうですが、伸びにも気をつけていきましょう♪

ウールやコットン素材のニット、そしてタイツにも共通して言えるのですが、自分でお手入れをするときは、手洗いをオススメしております。

タイツは特に摩擦は避けたいので押し洗い、そしてタオルドライをオススメします。

【オススメ】ニットの手洗い方法 〜手洗い編〜

1.優しく押し洗い

ニットの手洗い。洗濯ネットにいれて、水と洗剤をいれた桶の中で優しく押し洗いします。

ニットのお洋服を洗濯ネットに入れ、水と洗剤を入れた桶の中で優しく押し洗いしてください。

2.すすぎ洗い

ニットの手洗い。押し洗いの後は清潔な水で洗剤をすすぎます。

清潔な水に入れ替えて、桶ですすぎ洗いをします。

3.洗濯機の弱コースで脱水

ニットのお洋服をネットに入れたまま洗濯機へ入れて、脱水を行います。このとき、洗濯機の設定の中で「1番弱い設定」もしくは「弱脱水」で1分脱水を行います。

4.平干しする

ニットの脱水が終わったら、すぐに形を整えて平干し

市販の平干しネットに形を整えて平干しをします。
この際ハンガーにかけると一部分が伸びたりするので、平干しがオススメです。

ニットの手洗い方法 〜洗濯機編〜

ニットやタイツは、生地の風合いを守ること、ピリング(毛玉)を防ぐために、手洗いがやはり一番です。

でも、子どもさんが小さい、洗うスペースがないなど、どうしてもそれが難しい場合もあると思います。

そんな場合は、自己責任の範囲にはなりますが、洗濯機の弱コースでお洗濯も可能です。

  1. 洗濯機の弱コースでお洗濯
    ※メーカーによって、おうちクリーニングコース、おしゃれ着コース、などの表示がされています。
  2. すぐに平干しする
    洗い上がったら、すぐに市販の平干しネットに形を整えて平干しをします。

長くなりましたが、コットン100%のニットの良さ、お手入れ方法が伝わりましたら嬉しいです。

当店のニットはほとんどがウール 100%かコットン100%です。

それは、
お手入れしながら、長くご愛用いただきたい。
アパレルのゴミを減らしたい。
という私の願いからでもあります。

今年の秋冬も、ほっこりニットを楽しみたいですね。

この記事でご紹介したアイテム

お買い物に戻る